9c7d72d194[1]2016年の大河ドラマ三谷幸喜脚本「真田丸」と決まりました。

人気の戦国武将”真田幸村”を演じるのは堺雅人さんに決定。

脇を固めるキャストにも最高の人選を期待したいです。

”真田十勇士”も登場させるともうたまりません!!

今から2016年が待ち遠しくなってしまいます。

 

Sponsored Link


 

堺雅人・三谷幸喜のNHK大河ドラマ

 

2014年5月12日、NHKは2016年放送の大河ドラマを戦国時代の武将・真田幸村が主人公となる「真田丸」に決定したことを発表しました。

そして脚本を手掛けるのはあの”三谷幸喜”氏。

20054190[1]

最近では映画「清州会議」で大きな話題となりましたが、今回の題材”真田幸村”は、三谷幸喜氏が是非書きたい!!と願ったもの。

い~選択ですね!私も真田大好きです!!

そして真田幸村を演じるのは堺雅人さん

堺雅人[1]

成功するかしないかは三谷幸喜さんと、堺雅人さんにかかっています。

 

三谷幸喜と大河ドラマ

三谷さんが大河ドラマを手掛けるのは2004年「新選組!」以来2度目のこと。

その時の主演はSMAPの香取慎吾さんで、”近藤勇”を、他、個性的な役者さんを使い本当に面白いドラマであったと思います。

特に土方歳三役の山本耕史さんは顔も似ていて適役でしたし、沖田総司役の藤原竜也さんはいかにもイメージ通り、斎藤一役のオダギリジョー・芹沢鴨役の佐藤浩市さんなど豪華キャストを皆、適役で起用していました。

saito-okita-hijikata[1]

そして堺雅人さんも”山南敬助”役で出演していてその切ない結末を演じ切りました。

 

まだ見ていない人は、是非レンタルDVDで見てください!

そして新撰組の面白さを味わってください!

 

堺雅人と大河ドラマ

前述したように堺雅人さん、は三谷幸喜さん脚本の大河ドラマ”新撰組!”に出演しています。

新撰組を語る上でかなり重要な”山南敬助”を見事に演じ切りました。

 

試衛館時代の仲間達と夢見た武士の道。

しかし、いつしかその夢は違うものを見るようになっていきます。

それを受け入れられなくなった山南は新撰組からの脱走を図り、その最後は隊規による切腹。

切なく、悲しく、男らしい”山南敬助”を演じる堺雅人さんに”じ~ん”ときます。

cap315[1]

 

そしてもう1作。

”篤姫”では13代将軍・徳川家定役を演じました。

惚けた発言や数々の奇行から周囲から「暗愚」と見られていた家定。

後継者問題などで現実から逃げていたが、実は聡明な人物。

その奇行と聡明さを演じ、篤姫の人気に貢献しました。

大河ドラマでは成功をしている2人がタッグを組んで挑む「真田丸」は、間違いなく高視聴率を弾き出すでしょう。

 

2016年大河ドラマ 「真田丸」 真田幸村の生涯

 

「真田丸」の主人公・真田幸村は波乱の人生をおくります。

群雄割拠の戦国時代。真田家は小豪族でありながら、武田家に仕えて重用されました。

武田家滅亡後は、織田、豊臣、徳川と、真田家維持のために父・昌幸、兄・信幸、そして幸村(信繁)の運命は・・・。

 

真田家 家紋

戦時の旗印・「六連銭」(六文銭)

84-SENGOKU-3-5_MED1-330x208[1]

「結び雁金」

o0527039010669693048[1]

 

歴史好きな人たちには、この真田家の物語はかなりのファンが多いと思います。

それは小国ながらも知略・戦略で生き残り、武勇を遺した名家だからです。

それ以外にも、真田十勇士と言う現代の戦隊もののような、ワクワクする物語も語られていることから、”真田”のネームバリューはともすると、織田、豊臣、徳川家にも並ぶくらいかも?

 

真田十勇士

45-1[1]

 

そんな真田家、そして幸村を知るには、池波正太郎”真田太平記”を読むと色々見えてくるでしょう。

大阪冬の陣、夏の陣で親子兄弟が敵味方となりながらも、家名を残す為に命を懸ける。

そして結末は・・・。

そこには佐助など、忍者たちの活躍も多く描かれていて本当に面白いですよ!

でも全12巻もあるので、読み切るまではかなり期間がかかります。

が、「真田丸」は2016年ですから十分時間はありますね。

 

真田を知らずに観るのもいいですが、しかし、知ってこそ尚、より楽しめるようなな気がします。

まだまだ先のことですが、あ~待ち遠しい!!

 

 

 

Sponsored Link