1100577_pc[1]2014年ワールドカップ・ブラジル大会

コロンビア代表の歓喜のダンスが話題となっています。

ダンスの中心はパブロ・アルメロ選手

ノリノリ・キレキレの動きで世界を楽しませてくれます。

ワールドカップを楽しんでいる彼らは

日本戦でも歓喜のダンスを披露するのでしょうか?

 

 

Sponsored Link


 

コロンビアの”歓喜のダンス”

 

ワールドカップ・ブラジル大会。14日のコロンビアとギリシャ戦。

前半に先制ゴールを決めたコロンビアのパブロ・アルメロ選手は、集まった控えの選手とともに両手をあげて喜びを分かち合うダンスを披露。

W杯フォト=コロンビア、先制ゴールに「歓喜のダンス」

クラブチームではゴールを決めたあとに、選手が集まってダンスをする光景は見られますが、ワールドカップではあまり見受けられない光景。

ゴールを決めた選手が走り回って喜びを表現するのが普通で、こんなに楽しそうな光景はあまり見かける事がありません。

みんな必死に戦っているが故に”楽しむ”余裕が無くなってしまうのが普通。

しかし、コロンビアの選手達はそれを楽しんでしまうのです。

と言うよりも、パブロ・アルメロ選手がみんなをそのように先導してしまうのです。

コロンビア・パブロ・アルメロの恐るべき心臓。

 

19日のコートジボワール戦では”歓喜のダンス”として話題となる振り付けが。

当然これは事前に打ち合わせがされたものです。

このダンスはどう見ても練習してるでしょう。

前回からバージョンアップされているので、1試合にいくつのダンスを用意しているのか気になりますね。

ゴールはせいぜい3つくらいでしょうから、試合までの間に3パターンくらいの練習を繰り返しているのは間違いありません。

ダンスのアイデアはやはりパブロ・アルメロ選手でしょうか?

率先して先導していますし、かなり”キレっキレ”のダンスを披露しています。

 

余裕と言うよりは、”楽しんでいる”感じのコロンビア代表。と言うかパブロ・アルメロ選手。

 

パブロ・アルメロ選手って?

 

”歓喜のダンス”で注目を浴びているパブロ・アルメロ選手

これだけ目立っているのですが、その実力のほどは?

 

パブロ・アルメロ

本名 パブロ・スティフェル・アルメロ

国籍   コロンビア

生年月日 1986年11月2日(27歳)

身長   174cm

体重   73kg

左サイドバック

2014年1月31日に移籍したウェストハム・ユナイテッドFCから、2014年6月20日の大会中にかつて所属したウディネーゼに完全移籍の形で復帰。

調べてみてもその実力がどうのこうのは全くわかりませんが、明るくてダンスが好きな事は間違いありません。

ワールドカップで”楽しむ”事が出来る強心臓は”大物”であることは間違いないのでは。

グループ最終戦。

日本が圧倒的な勝利をし決勝に進む事はもちろん期待しますが、1ゴールあげてもらって、”歓喜のダンス”別バージョンも見てみたい気がします。

そんな時のため、ダンスの腕を磨いていてくださいね。アルメロ選手!!

Sponsored Link