koza_prof[1]3月30日に話題のパン屋が日本上陸。

麻布台にオープンしたお店の名前はブーランジェリー・パティスリー「メゾン・ランドゥメンヌ」

パリで一番美味しいと言われていて”パリ最高パン屋賞””パリでもっとも美味しいクロワッサン”(3位)を受賞した名店に長蛇の列。

何とオーナーの1人は日本人女性なのです。

 

Sponsored Link


パリのパン屋No.1「メゾン・ランドゥメンヌ」

ブーランジェリー・パティスリー「メゾン・ランドゥメンヌ」は2006年に1号店をオープン。パリ市内に現在8店舗を展開している人気のパン屋さんです。

今回その名店が日本上陸一号店として麻布台にオープンしました。

20150327maison-1[1]

ブーランジェリーとは”パン屋”、パティスリーとは”パティシエの資格”をもつ職人がいるベーカリーのことで、洋菓子の要素を取り入れたパンを提供していくお店なのです。

中でも「メゾン・ランドゥメンヌ」は、2011年に『パリ最高パン屋賞』受賞し、2013年には『パリで最も美味しいクロワッサン』第3位に選ばれている名店。

タルトやスイーツも用意されているので、クロワッサン目当てで行ってもついついあれもこれもとたくさん買ってしまうことになるでしょう。

20150327maison-5[1]

2015y03m22d_203636697[1]

「メゾン・ランドゥメンヌ」のオーナーは日本人女性

このお店のオーナーについて少し触れておきたいと思います。

パリで最高のパン屋となった「メゾン・ランドゥメンヌ」の経営者の1人は日本人女性。パン職人で実業家の石川芳美さんが2006年にスタートさせたお店なのです。

実業家でパティシエであるするロドルフ・ランドゥメンヌさんとの共同経営ですがお二人は夫婦。何と旦那さんは11歳も年下なのだそうです。ブーランジェリーが石川芳美さん、パティスリーが旦那さんなのですね。

f0053008_2351582[1]

パリが認めたこの名店、サクセスストーリーを実現させた石川芳美さんとは?

石川芳美 Ecole Levain D’antan代表

広島でパン教室とブーランジュリー(パン屋)を経営し、2002年にフランスへ。
本場の製パン技術学び、2004年にパンとお菓子のコーディネート会社 ㈱Yoshimi Boulangere International を設立。
2006年には夫ロドルフさんと「メゾン・ランドゥメンヌ・パリ」をオープンし、以後8店舗にまで拡大。
従業員は200人、年商は16億円!
2010年には、東京・麻布台にパンとお菓子の教室「エコール・ルヴァン・ダンタン」を開校。
2015年3月、東京都港区麻布台にメゾン・ランドゥメンヌ Tokyoをオープン。

看板商品であるバゲット・クロワッサンが大人気

メゾン・ランドゥメンヌの看板商品であるバゲットは、パリで1日1店舗で2000本~2500本も売れる商品。

そしてもう一つの人気商品はクロワッサン。

d0191149_145217100[1]

通常のクロワッサンは生地を27層にしてパリっと焼き上げる所を、メゾン・ランドゥメンヌはその層を少なくして外側はパリっと中は少しシットリと仕上げてあるそうです。
これにより、高級フランス産バター(レスキュールバター)の味わいが、思いっきり飛び込んでくるのでしょう。

価格はフランス製バター使用で480円(+税)ですが、けっこう大きいので味も値段も満足するのは間違いなし。

麻布台にオープンしたお店は、店舗面積は130平方メートル、席数はテラス席を含め60席もあり、パンを楽しむためのランチメニュー(1,000円~。パンはフリーサービス)も用意されています。

20150327maison-4[1]

シンプルでお洒落でくつろげる空間でゆったりランチもいいですよね。

 

Sponsored Link