rasuguru[1]ディープインパクト×エアグルーヴ

セレクトセールで3億6000万円の高値をつけた

ラストグルーヴが1戦1勝で引退します。

超良血馬は今後繁殖牝馬として、次代のスターホース誕生に夢を託します。

 

Sponsored Link


 

エアグルーヴ産駒ラストグルーヴ引退

 

2011年のセレクトセールで1歳馬の史上最高額となる3億6000万円の高値をつけたラストグルーヴ(牝4歳、栗東・藤原英昭)が、3月7日付で登録を抹消しました。

戦績は1戦1勝で、去年の3月に阪神新馬戦を完勝しながらも引退。

体質の弱さが原因となったようです。

今後はその良血から、繁殖牝馬として期待がかかります。

 

父は7冠馬ディープインパクトで、母は昨年4月に死亡した名牝エアグルーヴ

201307082309503fe[1]

異父姉にはエリザベス女王杯を連覇(03~04年)したアドマイヤグルーヴ

半兄には12年の香港G1・クイーンエリザベス2世Cを勝ったルーラーシップがいます。

母・エアグルーヴの産駒は現1歳のキングカメハメハ産駒が最後

この馬には相当の期待がかかりそうですね。

 

セレクトセールで3億6000万円もの高額で落札しながらも、

新馬1勝で引退では大損!と思いますが、

今後の繁殖牝馬としての価値を考えるとどうにかなるのでしょう。

 

良血馬を売買するセレクトセール

 

ラストグルーヴは3億6000万円でしたが、

歴代のセレクトセール高額落札馬を見ていくと凄い金額が並んでいます。

800px-JRHA_Select_Sale_001[1]

2013年までの歴代高額落札馬リスト

ディナシー     6億0000万円

ザサンデーフサイチ 4億9000万円

ラストグルーヴ   3億6000万円

トーセンダンス   3億3500万円

フサイチジャンク  3億3000万円

等々。

毎年のように数億の馬が取引されています。

 

セレクトセールとは?

日本競走馬協会が主催する世界でも有数のサラブレッドセール。

これまでのせり市には登場することのなかった良質馬を中心に、自由競争による取り引きを行っています。

サラブレッド流通の活性化を図ることを目的に開かれました。

 

セレクトセールは毎年7月に開催され、良血馬が数多くせりに出されます。

大種牡馬サンデーサイレンスの血を引く後継種牡馬産駒など、

日本でしか手に入らない良血馬もいるので、海外からも注目されています。

 

セレクトセール取引馬 主な成績

 

1998年に初開催されたセレクトセール。

これまでに多数のGIばを輩出してきましたが、その中でも超優秀な馬は以下のとおり。

 

2001年   セレクトセール馬初のG1ウイナーが誕生。

マンハッタンカフェ 第62回菊花賞、第46回有馬記念を制覇 。

2003年

アドマイヤグルーヴ 第28回エリザベス女王杯を制覇。

2004年

セール取引馬から初のダービー馬が誕生。

キングカメハメハ 第9回NHKマイルカップ、第71回日本ダービーを制覇。

アドマイヤグルーヴ 第29回エリザベス女王杯を制覇。

ゼンノロブロイ 第130回天皇賞・秋、第24回ジャパンカップ、第49回有馬記念を制覇。

2005年

ディープインパクト 第65回皐月賞、第72回日本ダービー、第66回菊花賞制覇、21年ぶり史上2頭目の無敗の三冠馬に輝く。

2006年

ディープインパクト 第133回天皇賞・春 、第47回宝塚記念、第26回ジャパンカップ 、第51回有馬記念を制覇 。

2007年

アドマイヤムーン 第12回ドバイ・デューティ・フリー(G1)、第48回宝塚記念、第27回ジャパンカップを制覇。   2008年

カネヒキリ 第9回ジャパンカップダート、第54回東京大賞典を制覇。   2011年

カレンチャン 第45回スプリンターズステークス制覇。

2012年

カレンチャン 第42回高松宮記念制覇。

他、これまでGI馬多数うまれました。

 

超良血ラストグルーヴ

ディープインパクトは言わずと知れた名馬ですが、

母・エアグルーヴも歴史に残る名牝馬。

 

エアグルーヴ

父トニービンは、サンデーサイレンスに並ぶ名種牡馬。

母ダイナカールも優駿牝馬(オークス)を制していて、

母娘2代での優駿牝馬の制覇を成し遂げています。

561855953[1]

生涯成績 19戦9勝

獲得賞金 8億2196万6000円

勝ち鞍  優駿牝馬(1996年)天皇賞(秋)(1997年)等

 

エアグルーヴは2013年4月に、キングカメハメハの牡馬を出産した後、内臓出血で息を引き取りました(20歳)。

牡馬と激闘を繰り広げ「女帝」と呼ばれたエアグルーヴ

ラストグルーブはその産駒として、繁殖牝馬での人気も高くなるでしょう。

でも競馬ファンは、ディープインパクト×エアグルーヴの、

ラストグルーヴ自身が名牝となってくれるのを期待していたのでしょうが、

そううまくはいかないものです。

Sponsored Link