img[2]DA PUMPのパフォーマー”KENZO”が話題の新作映画

「クローズEXPLODE」に出演し、新たなパフォーマンスに挑戦します。

映画初出演となるKENZOさんですが、これまでの経歴には輝かしいものがあります。

世界を相手にした”ダンス世界大会”で優勝の実績を持つ強者。

この作品でパフォーマーとして新境地を開くのでしょうか。

 

Sponsored Link


 

KENZO 初出演 映画「クローズ EXPLODE」

 

DA PUMPのパフォーマーである”KENZO”は、今回の作品が映画初出演。

今までやってきたダンスとは違い、演技となるとその才能は・・・?

映画「クローズ EXPLODE」

e1f99413[1]

 

KENZOさんの役柄は、高木哲次

「クローズZEROⅡ」滝谷源治、芹沢多摩雄が卒業した後の鈴蘭高校の頂点に最も近い男”強羅徹”そのライバル”高木哲次”役を演じます。

normal[1]

 

3作目の「クローズEXPLODE」では、主演が小栗旬さんから東出昌大さんに替わりイメージ一新されることから、その仕上がりはファンからも注目されているところ。

出演者一同、前作に負けないように気合いが入っていたことでしょう。

その事は、KENZOさんの制作発表会の言葉でわかります。

 

撮影現場に入る前の稽古ではみんな本気でやっていたそうで、

「頭ケガしてぱっくり、8針やっちゃった」

「血が出ても痛くなかった。そのくらいみんな熱意があった」

”熱いっすよ”と、みんなの気合い凄さに、流血の痛みを笑い飛ばしていました。

 

撮影以外では”強羅徹”役の設楽優弥さんと一緒にいる時間が多かったらしく、銭湯行ったり、ご飯を食べに行ったりする中で、演技の話を色々聞かせてもらうことができ、2か月という期間ですごく内容の濃い時間を過ごせたそうです。

この映画をステップに”俳優 KENZO”が目を覚ますのでしょうか!!

 

豊田監督も、

「普通のイケメンじゃない、背中に背景のあるやつ」

と、その存在感に自信を込めて言いました。

 

<ダンス世界一 世界のKENZO>

 

ご存じの方も多いでしょうが、KENZOさんの本職はダンサー。

それもダンス世界大会で優勝経験のある日本を代表するダンサーの一人です。

今回の「クローズ EXPLODE」では、三代目 J Soul Brothersで活躍中の岩田剛典、ELLYが出演しますが、KENZOさんはこの2人とは比べ物にならないくらいのダンスの実績があります。

 

KENZO 

本名    中村 朋揮(なかむらともき)

生年月日  1985年1月21日(29歳)

出身    福岡県

身長    173cm

血液型   O型

2008年   東海大学理学部数学科卒業

2008年12月 DA PUMPに加入。

職業   ダンサー・振付家師

KENZO[1]

 

15歳の時にダンス番組に衝撃を受けてダンスを始める。

ダンスを始めるには遅い年齢でしたが、異常なスピードで国内の数々の主要な大会を優勝し、タイトル総をなめにしました。

そして、2010年と2011年の2年連続で世界3大ダンス大会の一つ『EURO BATTLE』のロッキング部門で優勝を果たし世界に注目されるダンサーに。

同じく2011年に団体戦のダンス世界大会『FUNKIN STYLE WORLD TEAM BATTLE 2011』に日本代表として参加し、ここでも世界一となりました。

その後も数々の大会に出場し、今までで総タイトル数50以上を保有

振り付け師としても活躍し、2011年に日本レコード大賞『最優秀新人賞』、有線大賞『新人賞』に輝いた” Fairies”の楽曲の全ての振り付けを担当。

 

KENZO EURO ダンスバトル優勝

 

JD Locking 2011  スーパースター P.Lock と対戦!

でも、P.Lock 凄すぎます!!

 

ダンス世界大会で優勝経験があり、日本を代表するダンサーでもあるKENZOさんは、

「ダンスで世界大会に出ているけど、それを超えるくらいの緊張感。久しぶりに足が震える瞬間があった」

と、「クローズEXPLODE」出演における体験で、新たな道を見つけたようです。

 

Sponsored Link