m0016283641[1]日本史上最速の世界王者 井上尚弥誕生!!

”怪物”と言われる男が予定通りの第一歩を踏み出しました。

彼の狙いは”最強”への挑戦であって、ベルト自体がゴールではありません。

具志堅用高の連続防衛記録と3階級制覇が獲物です。

 

 

Sponsored Link


 

6回TKOでWBC世界ライトフライ級タイトル奪取

 

4月6日、東京・大田区総合体育館で行われたプロボクシングのWBC世界ライトフライ級タイトルマッチ。

PK2014040602100075_size0[1]

 

”怪物”井上尚弥が当然のタイトル奪取。

試合は6回に右フックでTKO勝利。

井岡一翔の持つ国内記録(7戦目)を更新し、日本選手最速となるプロ6戦目での世界王座獲得となりました。

box13120705030003-p20[1]

 

王者アドリアン・エルナンデス(28=メキシコ)は4度の防衛を果たしている打撃が武器で打ち合いを好むボクサー。

32戦29勝2敗1分けの通称”Big Bang(ビッグバン)”相手に6回TKO。

”怪物”その今後に期待できる勝利でした。

 

狙いはあくまで3階級制覇と連続防衛記録を塗り替える事。

WBC世界フライ級王者・八重樫東の防衛戦がありながらメインでの世界戦。

こんな待遇普通では考えられません。

それほど日本のボクシング界の期待を背負っている人間です。

 

世界王座における複数階級制覇

2010年11月現在、オスカー・デ・ラ・ホーヤとマニー・パッキャオの6階級(マイナー団体のIBOやリングマガジン認定王座を含めて8階級)が世界王座における最多記録。

5階級を制覇したトーマス・ハーンズ、シュガー・レイ・レナード、フロイド・メイウェザー・ジュニア

4階級制覇のロベルト・デュラン、パーネル・ウィテカー、レオ・ガメス、ロイ・ジョーンズ・ジュニア

日本の世界王者複数階級制覇

亀田興毅の3階級制覇が最高

2階級制覇はファイティング原田、柴田国明、井岡弘樹、畑山隆則、ホルヘ・リナレス、粟生隆寛、長谷川穂積、井岡一翔、八重樫東、亀田大毅の11選手

 

世界王座連続防衛記録

世界記録は1937年から1948年の11年間、ジョー・ルイス(アメリカ)のヘビー級王座25連続防衛。

日本人連続防衛記録は

1位 具志堅用高     13度防衛

2位 長谷川穂純     10度防衛

3位 勇利アルバチャコフ 9度防衛

4位 内山高志      7度防衛

 

この記録の内、日本記録である世界王座複数階級制覇、世界王座連続防衛記録を井上尚弥は塗り替えられる存在。

しかし番外ですが、女子ボクシングではWBC世界女子アトム級王者の小関桃(31)12度目の防衛に成功し、具志堅用高の13連続防衛の日本記録に王手をかけたとか。

これはこれで記録更新して欲しいものですね。

 

すでに国内最速世界王者の記録は塗り替えられました。

これに関してはほぼ1回しかないチャンス。

前・国内記録保持者、井岡一翔(7戦目)は皆さんもご存じのとおり、素晴らしいチャンピオンです。

その”天才”井岡の記録を塗り替え、これから”世界のカンムリ鷲”具志堅、3階級制覇の亀田興毅の記録に挑んでいきます。

このレベルになると、実力だけではなく”運”も必要となりそうです。

井上尚弥が”運”も味方にした”選ばれしもの”となることを、今後皆さんも見守りましょう!!

 

井上尚也(いのうえ・なおや)

1993年4月10日生まれ

神奈川県座間市出身

身長162センチの右ボクサーファイター

元アマ選手の父・真吾さんに6歳からボクシングの指導を受ける

相模原青陵高校では1年時に総体、国体、選抜で優勝するなど高校生史上初のアマ7冠

12年7月、大橋ジムと契約し現在に至る

家族は両親、姉、弟(弟もプロボクサー・井上拓真)

入場曲は家族でのドライブ時によく聞いていたワム!の「フリーダム」

<弟・井上拓真選手と>

20131128-00000003-wordleafs-022a4a6f8a1ab6aad62bec7b5163e2f80[1]

<父でありトレーナーの真吾さんと>

20140406-00000005-spnavi-000-0-thumb[1]

 

Sponsored Link