img1-1[1]5月9日から始まる第68回全日本体操競技選手権大会

個人日本一を決め、2014年世界体操競技選手権大会(第45回)の選考も兼ねています。

国内トップクラスの72選手が出場する大会で内村航平が狙う7連覇

それを阻止するのは加藤凌平か?

 

Sponsored Link


 

2014全日本体操選手権で7連覇を狙う内村を倒すのは?

 

5月9日から5月11日にかけて、個人日本一を決定する第68回全日本体操競技選手権大会が開かれます。

日本一を決定する大会でありますが、今年開催される世界選手権(中国・広西チワン族自治区南寧市)の選考会も兼ねています。

全日本7連覇を狙う内村選手は万全の態勢で大会に挑みます。

それを阻止するのは誰でしょう?

 

やはり1番手は2013年の世界選手権も個人総合で銀メダルとなった加藤 凌平 (20歳)選手。

名鑑「加藤」[1]

 

次世代を担う加藤選手は何と言ってもイケメン

世の中は実力もそうですが、とにかくイケメンを好みます。

内村選手の連覇を阻止するのであれば、両方を兼ね備えた加藤選手が多くの人ののぞみ?

白井健三選手にはもう数年待ってもらいましょう。

 

加藤 凌平 プロフィール

1993年9月9日生まれ(20歳)

静岡県生まれの埼玉県草加市育ち

身長162cm 体重54kg

埼玉栄高校から順天堂大学へ

 

2012年ロンドンオリンピック団体で銀メダル

2013年世界体操競技選手権で個人総合銀メダル

得意種目は”床”

吊り輪で「D難度・後振り上がり脚上挙十字懸垂」の技が”カトウ”と命名されています

父の加藤裕之さんも元体操選手で1989年世界体操競技選手権代表

3つ年下の弟・加藤裕斗さんも体操選手で、かなり期待されている選手のようです。

 

イケメン加藤凌平と世界のイケメン体操選手

 

2014年の世界体操競技選手権大会は中国の南寧市で開かれます。

その開催国中国で、加藤凌平選手はかなりの人気があるそう。

敵に回すよりは味方の多い方が実力を発揮できるでしょうから、世界選手権ではメダルの期待が膨らみます。

そんな男子体操界では、他にどんなイケメン選手がいるのでしょう。

 

ドイツ代表のマゼル・ニューエン選手

tumblr_m83ilkX2PU1rttmg8o6_250[1]

1987年9月8日生まれ(26歳)

2012年のロンドンオリンピックの個人総合、平行棒で銀メダルを獲得

ドイツ連邦軍のスポーツ振興グループに所属

 

アメリカ代表のサミュエル・ミクラック選手

71566d97[1]

1992年10月3日生まれ(21歳)

2012年のロンドンオリンピック代表

2013年の世界選手権は個人総合6位

 

中国代表の鄒凱(すうがい)選手

20080828060145abf2dfggaff[1]

1988年2月25日生まれ(26歳)

2008年北京オリンピック団体、床、鉄棒で金メダル

引退を考えているようなので今回の世界選手権に出場は?

 

男子体操はけっこうなイケメン揃い。

内村選手もイケメンといえますが、加藤選手を筆頭にこれだけのメンバーが勢ぞろい。

今回の全日本体操競技選手権での結果も気になりますが、その先にある世界選手権でのイケメン達の戦いを、今から期待する人も多いのでは。

 

 

 

Sponsored Link